高速道路で安全に運転するために

初心者ドライバーやペーパードライバーは、高速道路での運転が怖いと思っている方もいるかもしれませんが、安全に運転するためのポイントがありますので、ぜひチェックしておきましょう。

本線走行でのポイントは、走行している車線で適切な車間距離を保ちながら制限速度を守って走るということであり、高速道路で片側2車線になっている場合、左側が走行車線ですが、右側には追い越し車線という車線がありますので覚えておきましょう。

渋滞時や事故などの理由により、右側の追い越し車線を走る車を見かけたことがあるかもしれませんが、それ以外は取り締まりの対象になりますので注意が必要なのです。

高速道路は街中の道路と違って最高速度と最低速度が決められていて、速度超過や低速走行は危険ですし、事故を起こしたり巻き込まれないためにも守ることが大切ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top