室内灯は何故、走行中に点けてはいけないの?

夜間の走行は車内も暗いので、助手席で地図を見るのが難しくて室内灯を点けたくなるかもしれませんが、何故走行中に室内灯を点けてはいけないのか知っていますか?

もし夜間の運転中に室内灯を点けたら、人間の瞳孔は室内の明るさで収縮するため、外の暗い道が見えにくくなってしまうのです。

さらに、夜間の走行中に室内灯を点けると、灯が窓ガラスに反射して車内がガラスに映ってしまうので外が見えにくくて運転しにくいのです。

道交法には特に夜間の室内灯について規定されていませんが、安全運転義務違反に該当する可能性はありますよ。

バスは室内灯が点灯した状態で走行しているのを見た事のある方も多いかもしれませんが、これは道交法で義務付けられているためです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top